首页 >  日语新闻 > 正文

第一回「シルクロード(敦煌)国際文化博覧会」

16-03-15 10:01:31

  中央政府の許可により、第一回「シルクロード(敦煌)国際文化博覧会」(以下「文博会」という。)は、2016年9月20日ー21日に中国甘粛省敦煌市で開催されることとなる。「文博会」は目下中国政府に主催された唯一の「一帯一路」(シルクロード経済ベルト、21世紀海上シルクロードシルクロード)文化交流を主題にしたハイエンドのフォーラムと展示のプラットフォームでもあり、「一帯一路」という構想の重要な一環でもある。「文博会」を通し、関係諸国の豊富多彩な文明と文化を集中に展示させ、国際文化交流と相互学習・参考、互恵・ウィンウィンを促進させろう。

  中国甘粛省人民政府、中国文化部、国家新聞出版広播電影電視総局、国家観光局、中国国際貿易促進委員会が主催する「文博会」は「一帯一路」沿線諸国に向けていた開放的、国際的、多元的、立体的、包容のある文化交流と協力のプラットフォームで、中国の盛会だけでなく、「一帯一路」沿線諸国の盛会であろう。

  1.総体的企画

  「文博会」は「文化」を核心的な主題にし、「文化交流の推進と協力発展の検討」を主旨にし、「平和・協力、開放・包容、相互学習・参考、互恵・ウィンウィン」のシルクロード精神を発揚し、イノベーション、開放、着実に実行、協力、分かち合う、環境に優しいという理念で、全方位、多チャンネル、高水準の人文交流、文明の相互学習・参考、文化鑑賞、協力活動などを展開することを通し、「一帯一路」沿線諸国が運命共同体、利益共同体、責任共同体、発展共同体に結束することを推し進める。また、高水準、多様化の活動により、本会を各国・地域の歴史文化、無形文化財、民俗、現代文化などの新たな成果の展示する舞台にさせ、「一帯一路」沿線諸国政府、文化機構、文化企業、学者及び民衆の交流する架け橋と文化交流と協力のプラットフォームにもさせるのが目的である。そして、本会をきっかけに「一帯一路」沿線諸国間の文化交流と協力の新たな道を検討し、互いに信頼・尊敬・理解、民心の通じ合いということを促進させろう。

  2.会議内容

  「文博会」は2016年に第一回で、将来毎年開催することとなっている。甘粛省敦煌市は永久な会場である。本会は「2+x」の活動フレームで、トップ会議、文化展示会という二つの主な活動の他、一連の文化交流イベントもある。

  「トップ会議」の主題は「シルクロード精神を伝承し、文明の交流と相互学習・参考を促進」である。会議における中国指導者、関係国指導者と国際機構責任者が講演をし、文化交流と協力協議調印式を行うこととなっている。そのはか、会議で「敦煌宣言」の採択、関係諸国の共通な要望の集め、文化面の政府間対話の強化、文化貿易と産業での交流の促進、文化イノベーションの推進及び文化多様性、平等性、包容性への尊重などの面で共通认识を得るようにする。「平和、発展、協力、ウィンウィン」という時代の潮流にしたがい、関係諸国の共同発展、人間社会の進歩、世界平和の維持ということに貢献する。

  「文化展示会」の主題は「シルクロード精神をアピールし、融和と発展を推進」である。展示会は企画、設計、様式の面で、文化展示、文化伝承、文化交流を主題にし、中国と西洋文化の真髄を融和し、文化的な雰囲気を作る。また、展示会に静的展示、動的展示、パフォーマンス展示という3種類の展示活動がある。静的展示には、高級文化財展示、書道・撮影作品展示、図書及び出版物展示などで、動的展示には、無形文化遺産、民俗、ファッション、文化観光という展示、アイディア・デ

|<< << < 1 2 > >> >>|

办事指南